すぐにお金を借りるには

お金を借りたいときいに役立つサイト【すぐにお金を借りるには.com】

来店不要でお金を借りる方法

最近ではインターネットや携帯電話を使ってお金が借りられるのをご存知でしょうか。 銀行や消費者金融の公式サイトから必要事項を入力するだけでお金を借りる前の審査は、もちろんお金を借りるまでの手続きを完結させることが出来るのです。 ですので、一度も来店する必要が無く、他人にお金を借りている姿を見られることが無いのでプライバシーもしっかり守られます。 これは融資申込みをする時にも、審査に通過した後にお金を実際に借りる時にも来店は不要です。 このメリットは、『他人に知られない』という他に『無駄な時間の節約』ということにも繋がります。 インターネットでの申込は24時間365日可能なので自分の空いた時間に手続きを行うことができます。 店舗の営業時間や手続きの待ち時間といったことも気にすることなく都合の良い時に即、申込手続きが出来るのです。

またお金を借りる際の審査も非常にスピーディーで、最短30分で審査結果が出たり、申込時間帯や条件が合えば即日融資してもらうことも可能です。 すぐにお金借りたいな人にとっても有難いサービスではないでしょうか。

近頃ではテレビCMでも良く目にするようになったカードローンですが今や消費者金融だけではなく銀行も参入してきているのでその会社ごとに 金利や借入極度額、初めての利用者向けの無利息サービスといった様々な特色があります。 お金を借りたい場合、一般的には銀行系・信販系の会社は金利が低いのですが、消費者金融系は金利が高い傾向となっています。 ただ、審査から手続きを経て入金までのスピードは消費者金融のカードローンの方が早いようです。 お給料日前に数日だけというような場合は無利息期間がある消費者金融でお金を借りるのも手かもしれません。

このように簡単に利用できるからこそどの会社からお金を借りたいのか事前に調査・比較することも大切になってきます。 各会社の公式サイトにはその会社のカードローンの特徴や金利等の記載がありますのでそちらも参考になさってお金を借りる先を決めてください。 また数秒でできる借入診断やいくら借りたら毎月いくら返済するといった返済シュミレーションができるサイトもありますのでそちらもご覧頂けれると良いかと思います。

同じ借入額によってもお金を借りる先によっては返済額が大きく変わることもありますのでご自分の返済能力や生活スタイル等にも合わせて上手にカードローンを 使っていけたら良いですね。 最後になりますがお金を借りるのは少額だろうと高額だろうと借金であることに変わりはありませんのでくれぐれも無理のない範囲でご利用ください。

すぐにお金を借りたいときに

ここ数年良く目にする消費者金融でお金を借りるには

消費者金融とは、基本的に消費者に対して小口の融資をするサービスの事を言います。 この時の借入額は銀行等で借りる時よりもかなり少ないので、担保・保証人を必要とする事はまずありません。 ただ、担保も保証人も必要ないという事は、利用者に対して信用貸しをしている状態です。 その為、どうしても担保が必要となる場合に比べると金利が高くなってしまいがちなので、注意が必要です。 かつては高利で貸している事もありましたが、現在では利息制限法と出資法により金利の上限は定められています。 その為、昔そこからお金を借りた人は、もしかすると過払い状態になっているかもしれません。 この場合は過払い請求が出来るので、司法書士や弁護士等に相談しましょう。 現在、消費者金融から人々が借りられる金額は総量規制により年収の3分の1までとなっています。 注意すべきなのは、1か所の所から年収の3分の1ではなく、どれだけ沢山の所から借りたとしても、合計がその金額までという事です。 従って、収入がない人は基本的には利用する事が出来ません。 また、現在では沢山の消費者金融の会社があります。 出来るだけ確実にお金を借りたいと思って、何か所も申し込んでしまう人もいますが、この場合、申し込みブラックの状態になってしまうので、どこからもお金を借りる事が出来なくなってしまいます。 申し込みは郵送やインターネット、無人契約機、店頭等で行えますが、利用する会社を決めてからにしましょう。

地方銀行からお金を借りる方法

急いでお金を借りたい方も、低金利でお金借りたい方も、便利な銀行のカードローン。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行等の全国規模で支店や営業所がある都市銀行に対して 本店を、ある地域におきその地域では都市銀行より支店数も多く営業基盤が大きい銀行を地方銀行と呼びます。 例えば神奈川だったら横浜銀行、福岡なら福岡銀行といったような地域に密着している銀行が多いです。

融資などの巨額の金額が必要な場合は地方銀行ではカバーしきれないことがありますが個人がお金を借りるのは 特に問題はありません。 また、例えばその地方銀行を給与の振込口座に指定しているといった場合は即日審査が通る可能性も十分にあります。 地方銀行もそれぞれカードローンの取り扱いがありますので今回は横浜銀行と千葉銀行の特色を見てみたいと思います。

(例1)【横浜銀行でお金を借りたい】

横浜銀行でお金借りたい方は、取引がなくても申し込みが出来ます。
金利 年4.8%~14.6%
借入限度額 500万円
(100万円以下は所得証明書の提出は不要です。)

使用用途は事業性を除くものなら原則自由です。 手続きも来店不要でインターネット上ですべて完結させることができます。 申込時間帯によっては即日利用も可能となっています。

お金を借りる条件
借入条件は下記の項目をすべて満たしている方。
1.ご契約時満20歳以上69歳以下の方
2.安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
3.次の地域に居住またはお勤めの方
神奈川県内全地域
東京都内の下記の市または区
中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、目黒区、世田谷区、大田区、港区、品川区、町田市、調布市、狛江市、稲城市、多摩市、八王子市
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市
4.横浜銀行で他の無担保カードローン取引のない方
5.保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
6.横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

(例2)【千葉銀行でお金を借りたい】

ちばぎんカードローンクイックパワーアドバンスでお金借りたい
金利 年4.3%~14.8%
借入限度額 500万円
(希望額が50万円以下の場合は所得証明書の提出は不要です。)
審査も早ければ即日回答が出ますが2~3日は余裕をもってみておいたほうがよさそうです。
また、申し込みはインターネットや電話で出来ますが借りたい時に来店する必要があります。

使用用途は、同じく原則自由で限度額の範囲内でしたら1円から何度もお金を借りることができます。

お金を借りる条件
借入条件は下記の項目をすべて満たしている方。
1.ご契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方。
2.安定した収入(パート・アルバイト・配偶者に安定収入のある専業主婦を含む)のある方。
ただし年金収入のみの方はお申込みいただけません。
3.お住まい、またはお勤め先の所在地が当行本支店の営業地域内にある方。
(千葉全域・東京・埼玉・茨城で借りることが可能となっていますが詳細は公式サイトでご確認ください。)
4.(株)モビットの保証が受けられる方。
5.他にクイックパワー、クイックパワー<アドバンス>をお持ちでない方。

千葉銀行では公共料金やクレジットカードの引き落としの際残高が不足していたらその分を自動的に融資する自動融資サービスも行っています。
(別途申し込みあり。)

以上のように地方銀行ではお金を借りることができる地域が限定されている点は都市銀行と異なりますが金利や借りる条件では、大きな差異はないと思います。 なので借りるときに重視するもの例えば審査回答のスピードや金利、ATMの台数や利便性といったものから選んでご自分に合うものを選択されると良いかと思います。

ポイント交換等を行っている銀行もあるのでお住まいの地域の銀行をみてみるのもおもしろいですよ。

(c)すぐにお金を借りるには.com All Rights Reserved.